【投資で稼ぐ】トレーダーに向いている人とは?

世の中には、株やFXの取引で利益を出し生活を送っている「トレーダー」と呼ばれる職業があります。
最近では、副業で投資を行い月に数十万円の副収入を得ている人も増えてきています。

「投資」と聞くと難しいもの、頭のいい人だけが稼げるものという印象を抱く人も多いかもしれません。
もちろん、豊富な知識を持っているに越したことはありません。しかし、投資はそういった一部の人にしかできないものではないのです。

この記事ではどんな人が「トレーダー」に向いているのかを解説しています。
是非、最後まで読んでトレーダーに向いている人がどのような人なのか確認してみてくださいね。

トレーダーに向いている人とは?

1.経済に興味がある人

株やFXなどの売買で利益を出すトレーダーは、様々な要因が絡み合う世界経済の動向に常に注意を払っている必要があります。

技術的な部分は努力によって身につけられますが、「経済に興味を持てるか」はその人の性格が大きく影響します。

トレーダーは毎日世界経済がどのような動きをしているのかについてリサーチする必要があるので、そのような行為を「楽しい」と思える人がトレーダーに向いていると言えるでしょう。

2.研究熱心な人

投資で利益を出す上で重要なことは、失敗した原因、あるいは、成功した原因をしっかりと研究することです。

研究熱心な人は、常に何故このような結果になったのかを分析します。トレーダーとして成功している人のほとんどが、この性質を兼ね備えていると言っても過言ではないでしょう。

3.物事を長期的に考えることができる人

一回の結果で一喜一憂してしまう人より、長期的に利益を狙える人の方がトレーダーに向いています。

FXなどでは短期トレードを行うことができますが、ギャンブル要素が強く、長期的に安定して利益を出せる状況、仕組みを構築していないと、いつかは大損してしまうときが来ます。

そもそも、投資とは1回の取引で利益を出すものではなく、一ヶ月やそれ以上の期間で結果的な利益を狙うものです。

どんなに優秀なトレーダーでも100%負けを回避することはできません。一回の勝ち負けで一喜一憂するのではなく、長期的に考えることが重要になります。

4.感情をコントロールできる人

・負けを取り戻そうと躍起になる人
・勝って調子に乗ってしまう人
・自分は負けないと思ってしまう人

このような人はトレーダーには向いていません。負けが続いてしまっていても、焦らずに取引を続けることができる人の方がトレーダーに向いていると言えます。

株などの値動きは、機械がランダムに決めているわけではありません。そうなった理由が必ずあります。値下がりしたから焦って取引した結果、その後に大幅な上昇が待っていた、なんてことはよくあることです。

何故そうなったのかを冷静に分析し、次の予測を立てることが投資で利益を出す上では非常に重要になります。

もしかして「私、向いていない?」と思った方、大丈夫です!

ここまで紹介した項目に当てはまらず、「私は投資には向いていないのでは」と思った方がいたら安心してください。

自分でできないことは、それが得意な人に「代わりにやってもらえばいい」のです。

本業が忙しく、なかなかリサーチに時間が取れないと言う方は、信頼できるコミュニティに参加して情報を受け取る。

分析が苦手な方は、分析を得意としている人から、最近はどのような傾向にあるのかを教えてもらう。

長期的に利益を狙うことが苦手な方や、焦って損をする可能性のある取引をしてしまう方は、信頼できる企業などに代わりに運用してもらう。

などなど、今の時代いくらでも方法はあるのです。
そういった、代わりに行動してくれる人を見つけるまでが難しいのですが、

少なくともこの記事を読んでいるあなたは、スマキャンを通じてこの課題をクリアできているはずです。

今の時代、誰でも投資で稼ぐ「トレーダー」になることができます。

今より少し贅沢な暮らしがしたい人は、まずは副業でトレーダーを目指してみるのもいいかもしれません。

まとめ

トレーダーに向いている人は

・経済に興味がある人
・研究熱心な人
・物事を長期的に考えることができる人
・感情をコントロールできる人

当てはまらなくてもトレーダーになることは可能です!

平均評価
評価人数:5
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム