DeFiとは?スマキャンや仮想通貨との関連性や基礎を解説

日本でも仮想通貨(暗号資産)に投資しながら大切な資産を育てていく考え方が、徐々に広まりつつあります。

「仮想通貨投資に興味はあるものの、何から学べばいいのか分からない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回は、仮想通貨について知る上で知っておきたい用語「DeFi(ディーファイ)」について解説します。私たちが提供するサービス「スマキャン」を理解する上でも欠かせないものですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

DeFiは分散型金融サービス

ビットコインの画像

DeFiとは、Decentralized Financeの略称です。

DeFiは管理者が存在しない「分散型金融サービス」であるため、無駄なコストやタイムラグを最小限に抑えることができます。

たとえば、海外送金や保険の加入といった取引をする時もDeFiであれば組織の管理者となる銀行や保険会社などが存在しないため、スムーズに取引することが可能です。

DeFiでは取引記録は全てイーサリアムのブロックチェーン上に保管されます。その記録を確認して承認するのは全てユーザーの仕事です。

プログラムにはスマートコントラクトを実装しており、一度設定を済ませておけば、あとは条件を満たしたかどうかで自動的に契約を結ぶことができます。

仮想通貨を学び始めたばかりの人はDeFiが仮想通貨の一つだと思っていることもありますが、そうではないので注意してください。あくまでDeFiは仮想通貨に関するサービスの一つなのです。

DeFiの市場規模はなぜ急成長しているのか

成長をイメージした画像

DeFiは今、急成長を遂げています。市場規模は約1000億ドル(約11兆円)。世界の大規模機関投資家も注目している市場です。ここからは、なぜDeFi市場がこれほどまでに市場規模を拡大できているのかその理由を解説します。

理由(1)ウォレットがあればどこに居ても取引できる

DeFiを利用する条件はウォレットを作り、オンラインになること。たったこれだけです。

これが管理者がいる銀行や証券会社といったCiFiであれば、口座開設に関する審査や諸々の手続きが必要である上に、住んでいる国が違えば利用できない問題も出てきます。

一方で、DeFiは取引する場所が決められていないので環境さえ整えば世界中どこにいても取引することができるのです。

取引する際に住む国や場所に関係なくできる点は、多くのユーザーのニーズを満たしDeFiの急成長につながったと考えていいでしょう。

理由(2)透明性が高くシステムの信頼を獲得しやすい

DeFiはシステムの信頼を獲得するためにソースコードを公開しています。これにより、ユーザーは資産の動きや不正の有無を確認することが可能です。

内容を読み解くには専門的な知識が必要になるものの、銀行や証券会社といった管理者がいるCiFiと異なり取引は一点に集中していない時点で大きな信頼を獲得しているといっていいでしょう。

資産の透明性を確保することで、ユーザーそして世界の投資家からも高い評価を得ており、DeFi市場の拡大に拍車をかけたと考えられます。

DeFiで仮想通貨投資を始める前に注意点を確認

ブタの貯金箱とビットコインの画像

DeFiは複雑化する金融業界を救う仮想通貨に関係した新たなサービスということで、世界中の投資家から注目されているのは事実です。ただし新興市場ということもあって、注意すべき点もいくつかあるのでここで紹介します。

注意点(1)DeFiに関連する詐欺が増えている

DeFiに関連する銘柄の仮想通貨だと宣伝し、利用者からお金を騙し取るといった詐欺が近年増加傾向にあります。

現在DeFiブームは落ち着きつつありますが、また大きな進化を遂げてブームが再来可能性は十分あるでしょう。その時にまた違った形の詐欺が発生する可能性もあります。

投資初心者が良いなと思った案件が優良かそれとも詐欺なのか、たった一人で判断するのは難しいものです。

DeFiの仮想通貨サービスに可能性を感じて「投資したい」と思った場合は口コミや評判といった情報収集を徹底したり、投資に詳しい人に相談したりして詐欺リスクをうまく回避しましょう。

私たちが提供するサービス「スマキャン」のWebセミナーでも、詐欺回避につながる実用的な知識を学ぶことができますので、ぜひ参加をご検討ください。

注意点(2)保証制度がないため全て自己責任

DeFiで取引する場合、管理者が存在する銀行と違って資産を預けることに対する保証制度がありません。

仮にハッキングされて資産を全て失ったとしても、ユーザーの自己責任になります。

過去にDeFiはハッキングされたこともありますので、その点も把握した上でどれくらいの資産を預け入れるのか判断するといいでしょう。

注意点(3)政府の規制対象になる可能性がある

現在さまざまなDeFiアプリケーションが存在していますが、管理者がいないということで犯罪リスクなどが潜んでいる可能性はゼロとは言い切れません。

仮想通貨を推進しているドイツでもDeFiには規制が必要だという声も上がっており、今後世界的にもDeFiへの規制はどうなるのか普段から気に掛けたほうがいいでしょう。

DeFiの仮想通貨投資で稼ぐ方法は2つ

グラフと閃きマークが書いてある画像

DeFiの仮想通貨投資で稼ぐ方法は2つあります。

  • DeFiに資金を預ける
  • DeFi関連銘柄に投資する

DeFiで稼ぐ方法(1)DeFiに資金を預ける

DeFiに資金を預ける方法としてレンディングやステーキング、流動性マイニングがあります。

投資初心者にはレンディングがおすすめです。

レンディングとは保有する仮想通貨を一定期間、仮想通貨取引所に貸し出すことで利益を狙うことができる仕組みを言います。

仮想通貨取引所CoincheckやGMOコインなどでも、仮想通貨のレンディングサービスはすでに提供開始しています。

私たちが提供するスマキャンもシステムを利用しながらレンディングを行いますので、誰でも利益を狙うことが可能です。

DeFiで稼ぐ方法(2)DeFi関連銘柄に投資する

DeFiで稼ぐ方法として、DeFi関連銘柄に投資するのも一つの手です。

レンディングプラットフォームで運用するため、管理者となる取引所が存在しなくても取引ができます。

アイオーエスティー(IOST)やスシスワップ(SushiSwap)など種類も多いことから、慎重に投資先を決めるといいでしょう。

スマキャンなら投資初心者でもDeFiに参入できる

シンガポールの画像

日本では投資と聞くと詐欺を連想する人も少なくありませんが、金融大国シンガポールではDeFiを活用した仮想通貨投資は今や当たり前になりつつあります。

投資の市場規模は拡大を続けていて、シンガポールの1人当たりのGDPは日本と比べ約2倍、アメリカと同等の市場規模となっているのが現実です。

投資がまだ浸透していない日本で新興市場に参入するのは、とても勇気がいるもの。

私たちが提供するサービス「スマキャン」に参加すれば、誰でも簡単にDeFiに参入することができます。

スマキャンで仮想通貨投資して明るい未来を手にしよう

今回は私たちが提供するサービス「スマキャン」を学ぶ上では欠かせない用語DeFiについて、基礎知識を解説しました。

DeFiはこれからさらなる急成長が期待できる市場です。日本にいながら世界的に注目されている市場に新規参入できるのは本プロジェクト「スマキャン」のみとなります。

平均評価
評価人数:18
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム