ブロックチェーンとは?メリット・デメリットもわかりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)に興味がある人なら、「ブロックチェーン」という言葉を耳にしたことがある人もいるかもしれませんね。

ブロックチェーンの技術はこれまでのインターネット社会が抱えていたあらゆる問題を解決に導くかもしれないということで、大変注目を集めています。

今回はブロックチェーンとは何か、メリット・デメリットも含めて解説します。

ブロックチェーンとは何か

ブロックチェーンをイメージした画像

ブロックチェーンとは分散型台帳の技術の一つで、取引履歴を1本のチェーンのようにつなげて管理しています。

仮想通貨でよく耳にするビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)も、実はブロックチェーン技術を採用しているのです。

またブロックチェーンは取引を公正に記録することができるためセキュリティ面での安全性が高く、将来性は非常に高いと言われています。

仮想通貨や金融商品のジャンルはもちろん、それ以外にも医療サービスや食品のトレーサビリティなどでの導入が進んでいます。

ブロックチェーンを作ったのは誰なのか

ブロックチェーンは2008年にサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)という名前の個人あるいはグループが、論文「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System」を通して発表したものだと言われています。

ただしそれが誰なのか、はっきりとしたことは現在もわかっていません。

ブロックチェーンのメリット

メリットと書かれた画像

ブロックチェーンのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

  • データの改ざんを防ぐことができる
  • システムダウンに強い
  • ランニングコストを削減しやすい
  • マイニングで報酬を得ることができる

ブロックチェーンのメリット(1)データの改ざんを防ぐことができる

ブロックチェーンに保存してあるデータを改ざんした場合はハッシュ値が以前のものと異なるため、後続のハッシュ値も全て書き換える必要があります。

ブロックの生成スピードは非常に速く、ハッシュ値を書き換えてマイニングしようとしても現実的には困難だと考えていいでしょう。

またブロックチェーンはP2P(ピアツーピア)方式のネットワークを活用していることから、自分一人のデータが書き換わったとしても他のパソコンに保存してあるデータは変わりません。

仮にマイニングしたとしても他のパソコンに保存してあるデータと違うことから、データを改ざんしたことがバレるのは時間の問題だと言えます。

ブロックチェーンのメリット(2)システムダウンに強い

ブロックチェーンはP2P方式のネットワークを活用しているため、一カ所のサーバーに全ての情報を管理している場合と比較してみても、安全性が高い環境でシステムを稼働させることができます。

同じデータを複数のパソコンに保存していることから、一カ所で何らかの障害が起きたとしてもシステムダウンを心配する必要はありません。

災害や地震が理由でシステムダウンが起きるリスクも低いため、その点は安心できそうです。

ブロックチェーンのメリット(3)ランニングコストを削減しやすい

ブロックチェーンは従来のようにハイスペックのサーバーを活用しながらデータを管理する必要がないため、ランニングコストを削減できると言われています。

サーバーを活用しながらデータ管理する場合の費用はサーバーそのものにかかる費用や運用、保守と意外と膨らみやすいものです。

ブロックチェーンでは処理は個々のパソコンで行うため、運営側のコスト削減が大きく期待できます。

ブロックチェーンのメリット(4)マイニングで報酬を得ることもできる

ブロックチェーンではマイニングという作業を行うことで報酬を得ることもできます。

マイニングとは簡単に言うと、ブロックチェーンにデータを保存する前に仮想通貨の取引を承認する作業です。この作業を行う人をマイナーと呼びます。

マイニングを個人で始めようと思ったら高額でハイスペックなコンピューターを用意して、膨大な計算量をこなさなければいけません。そのため、組織単位で大量のハイスペックなコンピューターを用意してマイニングを行っている場合が一般的です。

最近はクラウドマイニングといって、個人がマイニングする企業に出資することで手軽に報酬を狙えるサービスも出てきています。どの企業に出資するかは倒産のリスクを考えながら、慎重に選定する必要がありそうです。

ブロックチェーンのデメリット

デメリットと書かれた画像

ブロックチェーンのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

  • データを記録後は削除できない
  • 処理速度が遅い
  • 悪意を持つ人が入り込む可能性がある

ブロックチェーンのデメリット(1)データを記録後は削除できない

ブロックチェーンは一度データを記録してしまうと削除することができません。

誤った情報を入力してしまったり、処理をもう一度やり直す必要があったりした場合でも削除することができないのです。

ブロックチェーンのデメリット(2)処理速度が遅い

ブロックチェーンは利用する人が増えるとそれに伴ってデータが増大し、処理速度が遅くなってしまいます。

たとえば、ビットコイン(BTC)の場合は1回の取引に10分程度かかります。

処理速度を早くするための改善案としてブロックのサイズを大きくしたり、書き込む取引数を絞り込んだりといったものがありますが、実現するのは時間がかかりそうです。

処理速度を速めることがブロックチェーンが抱える大きな課題だと言えるでしょう。

ブロックチェーンのデメリット(3)悪意を持つ人が入り込む可能性がある

ブロックチェーンは誰でも参加することができるため、悪意を持つ人が入り込む可能性もゼロではありません。

一人で情報を書き換えるのは困難ではあるものの、複数のハッカーが協力すればデータそのものを書き換えることができるかもしれないのです。

スマキャンなら仮想通貨投資を手軽にスタートできる

スマキャンと書かれた画像

ブロックチェーン技術の登場は、現代のインターネット社会が抱えるセキュリティ面に関する問題の解決に向けて大きく前進したと言えるでしょう。

「仮想通貨投資をやってみたいけれど何から始めればいいのかわからない」「難しそうで自分一人でやれる自信がない」といった人には、私たちが提供するサービス「Webオーナー収入スマキャン」をぜひご体験いただきたく思います。

Webオーナー収入スマキャンは第三者機関によって安全が保障されているビジネスモデルを活用しながら、毎月40万円の利益を狙うことが可能です。

スマキャンで不労所得を狙う生活を始めよう

今回は、仮想通貨だけでなく、私たちの生活にも導入され始めているブロックチェーンとは何かを解説しました。

取引を正しく記録できるブロックチェーンの技術は将来性が高く、詳しい内容を知っていて損はありません。仮想通貨についてもっと詳しく知りたい人は、この機会に学んでみるといいでしょう。

平均評価
評価人数:4
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム