株初心者にありがちな失敗5選! 失敗しないためのコツとは?

「投資を始めたいけど失敗するのが怖い」というような相談をよくいただきます。

株は他の投資商品と比べると、価格の変動幅が大きいという特徴があります。
そのため、成功すると大きい利益が狙える反面、失敗したときに大きな損失を抱えてしまうリスクがあるのです。

この記事では、株取引初心者にありがちなミスを解説しています。

失敗例をあらかじめ知っておくことで、同じような失敗をする可能性が激減します。

しっかりと学んで、あなたの資産形成に役立ててくださいね。

株取引初心者にありがちな失敗5選

1 欲が出て売れず、塩漬けしてしまう

2 底値や天井を狙って売買できない

3 話題の株を高値で買ってしまう

4 勘や知識に頼りすぎてしまう

5 全体の相場を見ずに取引してしまう

1 欲が出て売れず、塩漬けしてしまう

先述した通り、株は大きな利益を狙える反面、大きな損失を抱えてしまうリスクもあります。

失敗してしまう人は、この「大きな利益を狙える」という面にのみ注目してしまいます。

そのため、株価が上昇しても「もっと上がるはずだ」と期待し、売り時を逃してしまうことが多いです。

値上がりを待っていたら、値下がりしてしまい売却できなくなり塩漬け株になってしまったという話はよく聞きます。

2 底値や天井を狙って売買できない

株の理想は「底値で買い天井で売る」ことですが、臨機応変に売り買いすることが重要です。

初心者の方ほど、この理想に囚われてしまい売買の機会を逃し損してしまうことがよくあるので、注意が必要です。

3 話題の株を高値で買ってしまう

テレビやネットで話題になった企業の株を高値で買ってしまうというのも初心者にありがちな失敗です。

話題になると瞬間的に高騰しますが、ほとんどの場合、その後下落してしまいます。

その会社が何をしているのか、今後の事業展開は明るいのか等の情報を収集し、将来性のある株だと判断してから購入することをおすすめします。

4 勘や知識に頼りすぎてしまう

株は、必ずデータ通りに動くものではありません。

「最近上昇しているから、今後も上がるだろう」といった勘や、テクニカル分析や経済指標通りに株価が動くと盲信して取引をしてしまうと損する可能性があります。

株式投資には、勘とデータが両方必要であるということを覚えておきましょう。

5 全体の相場を見ずに取引してしまう

相場には流れがあります。

外部環境の影響で全体的に上がり下がりすることもあれば、特定の業種のみが高騰することもあります。

よい企業でも、流れに乗り切れなければ、なかなか利益はでません。

相場の流れを見ずに買ってしまうと、失敗する可能性が高まるということを覚えておいてください。

初心者が失敗しないための5つのコツ

上記の失敗を避けるには、どうすればよいのでしょうか。

初心者が失敗を避けるためのコツを4つご紹介します。

初心者が失敗しないための4つのコツ

① 利益は少しずつ増やしていく

② 基本は「少額投資」「分散投資」

③ 配当や優待を狙う

④ 相場の流れの感覚を身につける

① 利益は少しずつ増やしていく

株で大儲けできるのは、一握りの人だけです。

投資資金が多ければ、その分大儲けできる可能性は高まりますが、初心者の方がいきなり大金を出すのはリスクが高すぎるのでおすすめできません。

まずは、コツコツと利益を積み重ねて、取引に慣れることを目標にするといいでしょう。

② 基本は「少額投資」「分散投資」

株取引では、知識と経験を積むことが非常に重要です。

初心者の方は、まず少額投資から始めましょう。

また、一つの銘柄に絞るのではなく、複数の銘柄に分散して投資することでリスクを抑えることができます。

③ 配当や優待を狙う

株で利益を得る方法は、売買だけではありません。

配当や株主優待で利益を得る方法もあります。

例えば、マクドナルドの株主優待では年に2回、食事券がもらえます。

売買をしないため、低リスクで利益を得ることができるので、とりあえず株を始めたいという方は株主優待が貰える株を購入してみてはどうでしょうか。

④ 相場の流れの感覚を身につける

株取引では、知識はもちろん重要ですが、相場感覚を身につけることもまた重要です。

そこで、ある程度の基礎知識がついたら、まずは少額で購入してみて相場の流れの感覚を身につけてみましょう。

実際に株を保有することによって、勉強や情報収集の質も変わってくるので、まずは行動を起こしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初心者にありがちな失敗と、失敗を避けるためのコツをご紹介しました。

失敗事例を学んでおくことで、同じ状況になったときにしっかりと対策できるようになります。

実際に取引を行う際は、記事でご紹介したコツを思い出してくださいね。

平均評価
評価人数:4
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム