【用語解説】スマキャンでよく使う専門用語、意味を分かりやすく紹介!

スマキャンを利用する上で、意味のわからない専門用語やカタカナ用語が飛び交うことがありませんか?
よくわからない、難しいと耳にする専門用語から簡単なカタカナ用語までの意味と使い方をわかりやすく解説します。
これを読んで、しっかりマスターしておきましょう!

ブラウザとは、WEBサイトを閲覧するために使うソフトのこと。いま、あなたがこのページを見ているソフトが「ブラウザ」に当たります。

もとになる英単語は「閲覧する」という動詞のbrowse。その名詞形であるbrowserが閲覧ソフトという意味になり、ブラウザと呼ばれています。

「スマホに入れた覚えはないんだけど……?」という方もいるかもしれませんが、パソコンやスマホには最初からブラウザが入っており、多くの方はこれを使ってインターネットが使えているというわけです。
さらに詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

キャッシュクリアとは、以下のようなデータを削除することで、ブラウザ(ウェブページ閲覧アプリ)で発生している不具合の改善を図るものです。

①キャッシュ
→ウェブサイトを訪問した際にPC等に保存される一時的なデータ、あるいはその仕組みのこと。

このデータがあることで、次に同じウェブサイトを訪問した時に、同じデータをダウンロードする手間を省き、表示を早くする。
②COOKIE
→訪問したウェブサイトに保存される閲覧情報などのこと、あるいはその仕組みのこと。

次に同じウェブサイトを訪問した時に、ログイン情報を保持したり、入力した情報を保持することで、利便性を高める。


上記のようなデータが保持されることで、閲覧の利便性が高まりますが、古いデータが残ることで、表示される情報などに不具合が発生することがあります。
そのため、キャッシュクリアを実施することで、不具合が解消される場合があります。
実施方法はご利用のブラウザによって異なります。
注意事項をご確認のうえ、下記のリンクから公式サイトをご参照いただき、実施してください。


※注意事項
キャッシュクリアを行うことで、ログイン状態が解除されたり、保存されたID・パスワードがブラウザ上から削除されたりすることがあります。

再度ログインする際は、ID・パスワードの入力が必要になります。

▷Microsoft edge
▷Google Chrome(PCブラウザ)
▷Google Chrome(Androidスマートフォン)
▷Google Chrome(iPhone・iPad)
▷Safari(Mac)
▷Safari(iPhone・iPad)
▷FireFox

スクリーンショット、スクリーンキャプチャ、スクリーンダンプとは、コンピュータのディスプレイの画面に表示されている内容を、そのまま画像データとして取得する操作、および、そのようにして取得された画像データ、画像ファイル。略して、スクショとも呼ばれる。

動画の場合は「画面キャプチャ」も参照。
もっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

ウェブブラウザーには、現在、開いているページを記録・保存して、あとから開くことができる機能があり、それをブラウザーでは「ブックマーク」またはお気に入りと呼んでいます。

キャリアメールとは、携帯を契約すると必ず付いてくるメールアドレスのことです。

docomoなら『@docomo.ne.jp』
auなら『@ezweb.ne.jp』
ソフトバンクなら『@softbank.ne.jp』

現在はgmailなどが普及し、キャリアメールは解約すると使えなくなる点などから不要といわれています。

Gmailとは、Google(グーグル)が提供する無料のメールサービスです。

Gmailの場合は、下記のように「@gmail.com」の前に自分の好きなID(アカウント)を付けて作成する事ができ、これがGmailアドレスとなります。

xxx@gmail.com

gmailは無料なのはもちろんのこと、携帯を変更してもメアドの変更をする必要がない点や信頼性の部分でも優れています。

アカウントを作成したいという方は、こちらの記事をご覧ください。

2段階認証はセキュリティ強化の施策のひとつです。
IDとパスワードに加え、本人確認のための認証要素を追加入力します。

なお、認証要素とは、「所有しているデバイスからワンタイムパスワードなどの情報を入力する所有要素」や、「指紋や顔など人体の情報を利用した生体要素」の2つがあります。

Google Authenticator(Googleオーセンティケーター)とは、WEBサイトなどへログインした際に追加で認証作業を求めるアプリケーションのことです。
なお、追加認証の事を2段階認証と呼びます。

Google Authenticatorの場合は、発行されるワンタイムの6桁のセキュリティコードを追加入植しますので、認証要素でいうところの所有要素になります。
定期的に変更されるワンタイムパスワードを入力することで、なりすましを防ぐ役割を果たしています。

お使いになる利用者にとって少し手間のかかるログインではありますが、IDやパスワードがなんらかの理由により漏洩した場合の防護策となります。

iPhoneとAndroidは搭載しているOSが違います。

OSとは「Operation System(オペレーティング・システム)」のの略称で、スマートフォン(スマホ)全体を制御、管理する最も基本的なソフトウェアのこと。
人間でいえば脳=OS、手足=アプリといったイメージです。

日本で販売されているスマホに搭載されているOSは大きく2つあります。Apple社が提供する「iOS」と、Google社が提供する「Android OS」です。
このそれぞれが搭載されたスマホが、「iPhone」と「Android」と呼ばれているのです。

一目で素早く見分ける方法として、多くのスマートフォンは本体正面の上部もしくは下部にメーカーやキャリアのロゴがあるが、iPhoneは背面にアップルマークがあるのみで、正面にはロゴがありません。
GALAXYシリーズの一部機種などもロゴがないので、ロゴがないスマートフォン全てがiPhoneというわけではないが、少なくとも「遠目に見て本体正面に何らかのロゴが存在していれば、それはiPhoneではない」ということになります。

文字などをコピーしたり切り取って(カット)、ほかの場所に貼り付ける(ペースト)操作は、使用頻度の高い操作の一つで「コピー&ペースト」と呼ばれ、作業効率が格段にアップします。

★コピー方法★
1.テキストを長押し、あるいはダブルタップします。
2.カーソルを押しながら位置を動かし、コピーしたい範囲を選択するとメニューが表示されます。
3.コピーをタップすれば、コピーが完了です。

★貼り付け方法★
コピーしたテキストを貼り付けたい時には、何らかのツールを開いて
1.入力欄を長押し
2.メニューから貼り付けを選択すればペースト完了です。

ユーザー数10万人を超える海外の有名仮想通貨取引所
バイナリーオプション機能を世界で初めて実装した取引所として
海外でも有名な仮想通貨ニュースサイト
「コインテレグラフ」にも取り上げられた実績を誇る。

仮想通貨における上場とは、仮想通貨取引所で仮想通貨が取り扱い開始したときに、その仮想通貨が上場すると言います。

上場は、すでに他の取引所で取り扱いがされていても、新たな取引所で取り扱いが開始した際には「別の取引所で上場する」と言われます。
仮想通貨が上場する際には価格が上昇する傾向にあるので、上場はとても重要です。

お金や数値の単位「K」「M」「B」「T」の意味として以下を現します。

 数字略称(英語)日本語
K1,000thousand
M1,000,000million百万
B1,000,000,000billion十億
T1,000,000,000,000trillion

GROWは
・暗号資産の最大のネックである相場変動の不安定さ
・金融機関の金利システムの形骸化
この2点の課題を解消するために発行が決まった配当型トークンです。
配当型トークンとはその名の通り、配当が受け取れるトークンです。
保有している枚数に応じて配当の受け取りが発生します。

また、GROWは現在開発中のWPFのガバナンストークンになることが決まっています。
新しいDeFiサービスのWPFと配当型トークンのGROWによって暗号資産の新しい運用の仕方を提案することができます。

仮想通貨の企画や構想、技術的な内容などが書かれた公開文書で、プロジェクト等を知ってもらうための、いわばアピール文書や説明書のことです。

ホワイトペーパーを読むことによって、その仮想通貨がどのような通貨なのかを知ることができ、投資判断の資料とすることができます。

トークンとは、既存の暗号資産(仮想通貨)プラットフォーム(ビットコインやイーサリアム、ネムなど)のシステムを間借りする形で存在する通貨で、独自のブロックチェーンを持たない通貨です。

トークンの語源には、「しるし」「象徴」「証拠品」「代用貨幣」といった言葉があり、その本質は「特定の価値を代替するもの」 です。

例えるならば、企業が独自に発行しているポイントに近いものとなります。

DeFi( ディーファイ ) とは、Decentralized Finance の頭文字を取って略したもので、一般に” 分散型金融” とも言われ、世界中の人が簡単に他者へ融資ができる暗号資産 ( 仮想通貨 ) の金融サービスです。

DeFi を活用してお金を稼ぐ方法は大きく分けて以下の2つがあります。
・DeFi 銘柄への投資
・DeFi サービスを利用した仮想通貨レンディング

DeFiを一言で表すならば、「仮想通貨を扱うためのインターネット上の銀行」です。

暗号資産とは、インターネット上でやり取りできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において次のような性質を持つものと定義されています。

(1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(米国ドルやユーロ等)と相互に交換できる
(2)電子的に記録され、移転できる
(3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

代表的な暗号資産にはビットコインやイーサリアムなどがあります。
暗号資産は銀行などの第三者を介することなく、財産的価値をやり取りすることが可能な仕組みとして高い注目を集めています。
暗号資産は国家やその中央銀行によって発行された法定通貨ではないため、国家や中央銀行が暗号資産自体の価値を裏付けることができません。
そのため利用者の需給関係などの要因によって暗号資産の価値が大きく変動する傾向にあります。

ブロックチェーンは日本語で分散型台帳技術と言われます。

分散型台帳とは、インターネット上のデータ(台帳)を参加者全員で保有することで安全にやり取りができる仕組みです。

ブロックチェーンの最も大きな特徴は管理主体がいないということです。
この管理主体がいない仕組みを自律分散型といい、管理主体を持つ仕組みを中央集権型といいます。

WPFとはWorldPeaceFinanceの略であり、Solanaという暗号資産のブロックチェーンをベースにした無担保融資が可能なDeFiサービスを目指した開発途中のDeFiサービスです。

Solanaの最大の特徴は処理速度の速さであり、ビットコインのトランザクション速度が秒間6~7、イーサリアムの速度が秒間13~15に対してSolanaは秒間5万と圧倒的な処理速度を誇ります。

処理能力の高さからイーサリアムキラーと呼ばれ、イーサリアムに代替する暗号資産技術として注目を集めています。
Solanaをベースにした無担保融資が可能なDeFiは世界に存在しておらず、その先駆けとなるべく開発が進んでいます。

ガバナンストークンとは、トークンにまつわるプロジェクト(DAO)の運営に関わる議決権をもったトークンです。
ガバナンストークンの保有量に応じて、プロジェクトの意思決定の権利が付与されます。
意思決定はガバナンストークン保有量に応じた多数決で行われます。

株式会社でいうと、株式の保有数によって議決権が変わる仕組みに近いです。
NFTゲームの中の法律の役割をになっているといっても過言ではありません。
プロジェクトをトークン保有者で非中央集権的に共同運営するための仕組みと言えます。

▷ガバナンストークンを作る理由
ではガバナンストークンを作る理由は一体何なのでしょうか。
ここからはガバナンストークンを作る理由について運営中心にお話します。

①運営に参加できる
ガバナンストークンの保有者が、長期的にプロジェクトの健全な運営に関心を持つよう、取引手数料の一部をガバナンストークン保有者に分配するケースも少なくありません。
また他のトークンと交換できる権利など、ガバナンス以外の権利が含まれることもあります。

②運営者の癒着を防ぐ
ガバナンストークンが表す権限には、従来のマネジメント的な役割や、プロジェクトのプロトコル(例えば、基盤となるプログラム)を変更する権限が含まれることがあります。
ユーザーの投票は、ガバナンストークンの保有量に比例して重み付けされることもあります。
このことから、ガバナンストークンを使って意思決定するため、中央集権的な管理ではなくなります。
さらに、お金の流れがブロックチェーンによって公平にだれでも閲覧が可能となり組織運営の透明性を証明ができます。

ブロックチェーン上で契約を自動的に執行する仕組みのこと。

スマートコントラクトのメリットは、

仲介者を介さないので事務コストが削減できることや
取引プロセスを自動化できるため決済期間が短縮できること、
不正防止対策に有効などが挙げられます。

まとめ

スマキャンを利用する上で、意味のわからない専門用語やカタカナ用語をご理解いただけたでしょうか?

「知らない」ことを「知っている」ことにし、知識を深めていきましょう!

平均評価
評価人数:6
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム