FXのスイングトレードとは?長期で保有して利益を出す為のコツも紹介!

FXの取引において、あなたは普段どのくらいの頻度で売買をしていますか?

また、どのぐらいの頻度でチャートを確認していますか?

スタイルは人それぞれだと思いますが、取引の頻度によって狙える利益や分析の手法は変わってきます。

今回はそんな取引の頻度に関する手法の1つ、スイングトレードについてまとめました。

FX初心者という方にも役立つ情報を載せているので、是非読んで参考にしてください。

スイングトレードとは

スイングトレードとは数日から数週間という比較的長い期間ポジションを持ち続ける取引手法です。

エントリーしてからしばらくそのままにしておいて、長期的な価格の変動を見て決済のタイミングを図ります。

スイングトレード以外の手法としては、1日単位で売買を行うデイトレードや、数分程度の短い時間で売買を行うスキャルピングといったものもあります。

スイングトレードのメリット

長期的にポジションを持つことによるメリットをまとめました。

これらのメリットがスイングトレードの特徴とも言えます。

短期的な価格の変化を気にしなくて良い

スキャルピングやデイトレードなど短期間の価格変動で利益を狙う場合、価格の上下を常に気にする必要があります。

一方スイングトレードであれば、短い時間で起こる多少の上下は気にする必要がないので、時間的にも精神的にも負担が少なくすみます。

1回の取引で大きな利益を狙える

長期的にみた際の大きな価格変動を狙って利益を出す方法なので、1回の取引で狙える利益は大きくなります。

スワップポイントで利益を出すことができる

スワップポイントとは通貨ペアの金利差で利益を出すことです。

日本円のような金利の低い国の通貨を売って、トルコリラのような金利が高い国の通貨を買うことで、金利の差額を受け取ることができます。

このスワップポイントは毎日付与されるので、長期保有しておくことでスワップポイントで利益を出すことができます。

スプレッドを抑えて取引できる

スプレッドとは、取引にかかる手数料のことです。

スイングトレードはデイトレードやスキャルピングに比べて取引の回数が少なく済むので手数料を抑えることができます。

スイングトレードのデメリット

次にスイングトレードをする際に把握しておいてほしいデメリットについても紹介します。

利益が出るまでに時間がかかる

エントリーしてからしばらくは決済しないので、証拠金を払ってから利益が出るまでに時間がかかります。

スワップポイントで損失がでる可能性もある

スワップポイントはプラスであれば、金利差を受け取ることができますが、マイナスであれば損失になります。

スイングトレードをする際は、スワップポイントもしっかり確認しましょう。

また、途中で変動してマイナスになっていないか確認することも必要です。

スイングトレードが向いている人

スイングトレードは以下のような人に向いています。

  • FX初心者の人
  • 時間が取れない人
  • 大きな利益を狙いたい人

スイングトレードは長期的な価格変動で利益を狙うことを前提とした取引手法なので、1日に何回もチャートを開く必要はありません。

そのため、日中仕事で時間が取れないという人でもやりやすい方法になります。

手数料を抑えることができ、時間的な負担も少なくすむので初心者の方にもおすすめです。

逆にこまめにチャートを確認しないと気がすまないという方は、小さな価格差が気になってしまうので合わない可能性も考えられます。

スイングトレードをする際のコツ

ここからはスイングトレードをする際のコツを紹介します。

FX全般に言えることでもあるので、特に初心者の方は参考にしていただきたい内容です。

トレードルールを作る

スイングトレードに限らずトレードルールを作ることは重要です。

トレードルールとは売買をする際に予め作っておく基準のことです。

特に損切りのタイミングは決めておくことをおすすめします。

スイングトレードは長期的な価格変動で利益を出すものなので、ちょっとした変動にいちいち反応する必要はありませんが、どこまで行ったら損切りをするというラインを決めてしっかり損切りをしないと大きな損失にもなりかねません。

トレンドを把握する

トレンドとはチャートから読み取れる価格変動の流れのことです。

長期的なトレンドを掴むことができればスイングトレードでは大きな利益を狙うことができます。

トレンドを把握する為には、チャート上にトレンドラインという線を引いて上昇基調にあるのか下降基調なのかを把握します。

画像元

高値を結ぶレジスタンスラインと安値を結ぶサポートラインの2本を引くことで流れが見えてきます。

テクニカル分析をしっかりしたことがないという方も、まずはトレンドラインを引いて流れを何となく掴むところから始めましょう。

情勢を把握する

スイングトレードは情勢が大きく影響します。

例えば大統領選や国際紛争など、時事的な要因でも価格は変動します。

今朝のニュースの内容が価格に影響するというようなこともあるので、情勢を把握しておくことは重要です。

レバレッジをかけすぎない

初心者の方は特に、レバレッジのかけすぎには注意してください。

スイングトレードだからといって放置しておいたタイミングで、予想外に価格が急変するということも起こりえます。

【まとめ】スイングトレードで長期保有して大きな利益を狙おう!

スイングトレードとは長期の価格変動から利益を狙う方法だということは理解していただけたかと思います。

どのぐらいの頻度が利益を出しやすいかは人それぞれのスタイルがあり、メリットやデメリットも異なります。

自分に合うスタイルで、最初はレバレッジなどのリスクは抑えたところから始めましょう。

また、毎日チャートを見ることも難しいという人にはFXのシステムを使うという方法もあります。

スマキャンでも利用が可能なので検討してみてください。

平均評価
評価人数:1
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム