bitcastle(ビットキャッスル)の特徴とサービスを徹底解説!

スマキャンオーナークラブの皆さまには改めてのご紹介になりますが、「ビットキャッスルとはどんなサービスなの?」と疑問に思う方へ向けて、bitcastleの特徴と提供しているサービスをご紹介します。

bitcastleは【取引手数料0%の最も安く、最も簡単な取引所】をスローガンとして、最近では専用アプリをリリースするなど急成長中の暗号資産取引所ですが、他にはどのような特徴があるのでしょうか?

本記事では、bitcastleの特徴や利用できるサービス、最新情報などをご紹介します。

この記事でわかること

  • bitcastleとは?
  • bitcastleで利用できるサービス
  • bitcastleの特徴
  • 新機能リリースのウワサ

この記事を読むことで、bitcastleというサービスを理解できるようになります。すでに現在お使いの方も、これから本格的に暗号資産取引をやってみたい方もぜひ参考にしてみてください!

bitcastleとは?

bitcastleは、2019年7月に設立されたシンガポールを所在地にした、海外発信の暗号資産取引所です。初心者からプロのトレーダーまで幅広い方が利用しており、登録ユーザーは22万人を突破しています。(2022年12月時点)

登録するだけでも賞金を貰えるイベントや、大手取引所では取り扱いのない通貨の取引ができたりと資産構築のチャンスが多い暗号資産取引所としても好評です。

bitcastleで利用できるサービス

超高速のバイナリーオプション

バイナリーオプションとは、金融商品の価格が現在価格を上回るか下回るかを予想して、一定時間後に予想が正しければペイアウト(投資収益)を受け取ることができる取引です。bitcastleでは暗号資産を利用したバイナリープションのサービス「HIGH&LOW」を楽しむことができます。

bitcastleのバイナリーオプション「HIGH&LOW」の最大の特徴は「Lightning」と呼ばれる最短5秒で利益が確定する、暗号資産業界では最速の速さを誇るオプションです。通常は時間枠が設けられ、ベットできるタイミングに締め切りがあるのですが、Lightningにはそれもありません。

1分の間でも何度も取引にチャレンジして楽しむことができるので素早く、大きく利益を狙うことも可能です。最大のスパンが5分ですので、自分に合った時間幅でバイナリーオプションを気軽に楽しむことができるのが嬉しいですね。

多種多様な通貨での暗号資産トレード

バイナリーオプションだけでなく多種多様な種類の暗号資産のトレードが可能です。

bitcastleではビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を始めとした暗号資産の世界でメジャーな通貨のトレードだけではありません。近年話題のDeFiサービスでも使用されるユニスワップ(UNI)やスシワップ(SUSHI)などのこれから市場価値の上昇が期待される通貨も取引することができます。

他の暗号資産取引所では取引ができない珍しい通貨も取り扱っており、これからも新しい通貨の上場が予定されているようなので何度も利益獲得のチャンスがあると言えます。

bitcastleの特徴

取引所としての歴史はまだ浅いものの、bitcastleには他の取引所にはない独自の特徴がいくつもあります。

  • 取引手数料の安さ
  • 取り扱い通貨数の豊富さ
  • 取引画面の見やすさ
  • 強固なセキュリティ

取引手数料の安さ

まず特筆すべきポイントはメジャーペアの取引手数料が0%であることです。

通常、暗号資産取引所では取引手数料(0.01%~0.15%程度)が発生することが多いですが、bitcastleでは一部通貨を除き取引手数料が0%です。暗号資産取引を行う上で、取引手数料が0%ということだけでも、手数料に頭を悩ませる必要はありません。気兼ねなく取引に集中して、大きな費用削減効果を得られるでしょう。

取り扱い通貨数の豊富さ

bitcastleでは取り扱い通貨が30種類以上と多種多様な銘柄を取引することができます。

暗号資産と聞くと「ビットコイン」を連想される方が多いと思いますが、ビットコイン以外にも暗号資産は5,000種類もあると言われています。これらの暗号資産は「アルトコイン」と呼ばれ、ビットコインの欠点を克服した独自の機能を備えた通貨が数多く存在します。

それらの独自な機能を持ったアルトコインは、時価総額はまだまだビットコインには及びませんが、暗号資産が今以上に普及していくと、ビットコインを超える資産としての価値を上げる可能性があります。

その点で取り扱う通貨数が豊富なことは、資産形成における様々な場面でチャンスがたくさんあるということです。

取引可能な代表的通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ポルカドット(DOT)
  • ソラナ(SOL)
  • アーベ(AAVE)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ユニスワップ(UNI)
  • スシワップ(SUSHI)
  • アバランチ(AVAX)
  • トロン(TRX)

※bitcastleでは2022年12月時点で、30種類以上の暗号資産の取引が可能です。

取引画面の見やすさ

bitcastleは2022年の5月に大幅なアップデートを行い、チャート画面や取引画面の操作性が飛躍的に向上しました。

そのため、暗号資産取引初心者の方にも使いやすくなっています。取引に慣れていないうちは取引所で何をどうすればいいのか、悩んでしまうことも多いです。画面操作が難しいと取引どころではなくなってしまい、時間と手間ばかりかかってしまいます。

加えて、bitcastleではチャート画面は多くの資産家が利用するTradingViewというサービスの画面を利用しています。直感的に市場の動きを観察したり、専門的なテクニックを使って分析することも可能になっています。

初心者から玄人まで実感できる使いやすさはbitcastleの大きな特徴の一つです。

※実際のアプリ取引画面
※実際のチャート画面

強固なセキュリティ

bitcastleではオフラインで資産が管理されるという安全性の高さも特徴の一つです。

暗号資産にはいくつか管理方法がありますが、bitcastleではハッキングされにくいオフライン管理であるコールドウォレットという方法を採用しています。資産の95%をオフラインに置くことで、ハッキングのリスクを回避しています。

コールドウォレットでの管理は、手間やコストが多少かかるものの、オンライン上で管理されるホットウォレットとは安全面において大きな差が生まれます。

新機能リリースのウワサ

bitcastleではバイナリーオプションを楽しめる「HIGH&LOW」サービス以外にも、2023年中に新機能がリリースされるとのウワサが資産家やトレーダーの間で話題になっています。

現在利用できる「HIGH&LOW」サービスが取引画面のアップグレードやペイアウト率を上げて、利益を今の仕様よりも大きく利益を狙うことができるようになるとか…

詳しい情報はまだ明かされていませんが、他の暗号資産取引所にはないバイナリーオプションサービスになることは間違いなさそうです。「HIGH&LOW」はbitcastleの口座開設をしているユーザーであれば誰でも利用できるので、口座開設をして続報を待ちましょう!

bitcastleで安心・安全な暗号資産取引を楽しみましょう!

最後に、ここまでの内容をまとめます。

bitcastleで利用できるサービス

  • 超高速のバイナリーオプション
  • 多種多様な通貨での暗号資産トレード

bitcastleの特徴

  • 取引手数料無料
  • 取り扱い通貨数の豊富さ
  • 取引画面の見やすさ
  • 強固なセキュリティ
  • バイナリーオプションサービスの「HIGH&LOW」で新機能リリースのウワサも!

bitcastleは取引所としての歴史はまだまだ浅いものの、他の取引所の追随を許さないスピードでどんどん進化しています。

機能性や安全性はもちろんのことながら、初心者から玄人まで満足できるサービスを今後も展開していくことでしょう。bitcastleを使って充実した暗号資産ライフを楽しんでください!

平均評価
評価人数:5
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム