ドバイ、4万人の新規雇用でメタバースへの取り組みを強化

7/20のニュースです。

中東の主要な仮想通貨ハブの1つであるドバイ首長国は、世界でトップ10に入るメタバース経済の1つになることを目指す「ドバイメタバース戦略」を開始する。

この戦略では2030年までに4万人以上の新規雇用を予定している。

ドバイのメタバース戦略は、アラブ首長国連邦のAI戦略の目標に沿ったもので、新技術への投資によって未来志向の分野で世界をリードする国のひとつとしての地位を高めようとするもの。

ドバイのメタバース戦略では、メタバースの経済的貢献を高めるための研究開発(R&D)協力、海外から企業やプロジェクトを誘致するためのアクセラレーターやインキュベーターの活用、メタバースコミュニティの開発者、コンテンツ制作者、デジタルプラットフォームの利用者を対象としたメタバース教育での支援などが行われる。

観光、教育、小売、リモートワーク、ヘルスケア、法律分野での新しい政府のワークモデルが、この戦略の枠組みの中で生み出されることが約束されている。

その主要な柱は、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、複合現実(MR)、デジタルツインなどのXRだ。

同戦略では、クラウドではなくスマートデバイスやローカルネットワークを介してデータをローカルに収集、保存、処理するエッジコンピューティングを実現するため、5Gネットワークの本格展開を推進することを提案している。

リリースによると、VRとARはUAEの経済に6,700人の雇用を創出し、5億ドルの貢献をしているという。

世界的には、メタバースにおけるベンチャーキャピタルとプライベートエクイティの融資額は2021年に130億ドルに達し、メタバースにおける不動産売買は昨年5億ドルを突破している。

平均評価
No rating yet
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム