ESBIって何?稼ぐ=働くではない!お金を得る為の4つの手段

あなたは普段どのようにしてお金を稼いでいますか?

完全な自給自足をしていない限り、お金は生きていく為に必要不可欠なものです。

そのお金をどのようにして、どれだけ稼ぐかという事は人生を大きく左右します。

今回はそんなお金の稼ぎ方に関するESBIという言葉を紹介していきます。

お金を稼ぐ手段の基礎的な考え方になるので、将来設計の為に知っておくことをおすすめします。

ESBIとは

ESBIとはお金を稼ぐ方法を4つに分類したものです。

キャッシュフロークラウンドという考え方に基づいたもので、アメリカの実業家であるロバート・キヨサキ氏が書いた「金持ち父さん 貧乏父さん」という本の中で提唱されています。

キャッシュフローとはお金の流れ、クラウンドとは円を4分割したものなので、お金の流れを4つに分類したものという意味の言葉になります。

その4つとは以下になります。

  1. 労働者(Employee)
  2. 自営業者(Self Employee)
  3. ビジネスオーナー(Business owner)
  4. 投資家(Investor)

これら4つの頭文字を取ったものがESBIです。

ESBIにおける働き方は、下の表のように労働収入か権利収入の2つに分けることができます。

画像元

労働収入とは自分の時間と労働力を使ってお金を稼ぐことで、権利収入は仕組みを作って自分は労働せずにお金を稼ぎます。

ESBIそれぞれの特徴

ここからはESBIのそれぞれの稼ぎ方の特徴を紹介します。

1つを選ばなくてはいけないということはありませんが、人によって向き不向きはあると思います。

労働者(Employee)

労働者はどこかの企業に雇用されて働くことで、対価を得るという方法です。

多くの人がこの労働者に当てはまります。

労働者は先程説明した労働収入という形でお金を得るので、自分の時間と労働力を投資する必要があります。

基本的には働いたら働いた分だけ企業から給料として対価が支払われます。

【メリット】

  • 安定している
  • 比較的すぐに始められる

労働者は企業に雇われている状態なので、企業自体が安定していれば給料も毎月安定した金額を受け取ることができます。

また、何をして対価を得るかの選択肢が多く、多少のスキルは必要ですが、どんな人でもお金を稼げるような職業もあります。

経験や知識が少ない人にとって、リスクが少なく、お金を得るまでのハードルが低いのが労働です。

【デメリット】

  • 主導権が自分にない
  • 自由な時間を確保しにくい
  • 稼げる金額に限界がある

デメリットとしては雇用されている立場なので、主導権は会社が握っている状態になります。

個人に関しては権利が主張できることもありますが、会社全体が関わることについては企業の方針に従って働く必要があります。

そのため、働く時間や何をするかといった部分を自分で選ぶことはできません。

また、お金を得る為に時間を使わなくてはいけないので、自由な時間を確保しにくく、働けば働くだけ稼げたとしても、1日は24時間しかないので稼げる金額には限界があります。

自営業者(Self Employee)

自営業者は個人事業主として自分の事業で生計を立てたり、個人でお店や農家などを経営をしている人を指します。

【メリット】

  • 自分が主体になって事業を進められる

自営業者は企業に雇われているわけではないので、自分が主体となって事業を進めることができます。

マネタイズできなければ立ち行かなくはなりますが、ある程度自分の選んだことでお金を稼ぐことができ、そのためのルールも自分で決めることができます。

【デメリット】

  • 自由な時間を確保しにくい
  • 稼げる金額に限界がある
  • 知識が必要

デメリットとしては、やはり労働収入という意味では労働者と同じなので、お金を得るために自分の時間や労働力を使わなければいけません。

自由な時間を確保することが難しかったり、時間的制約があるからこそ稼げる金額に限りがでてきます。

また、目の前の業務だけこなしていればいいというわけではなく、事業を自ら運営していかなければいけません。

そのため経営に関して知っている必要があるなど、労働者以上に必要な知識の幅は広くなります。

ビジネスオーナー(Business owner)

飲食店やサロンのオーナーなど、ビジネスの権利を持つことでお金を稼ぐのがビジネスオーナーです。

ビジネスオーナーは権利収入なので、実際に自分が労働をするわけではありません。

ビジネスの基盤を作り、人を雇うことで自分が働かなくても、そのビジネスの収益が自動的に入ってきます。

【メリット】

  • 自分が主体となって決められる
  • 自分が労働しなくてもいい

メリットとしては、自分がオーナーなので決定権が全て自分にあるという点です。

また、自分が労働する必要がないので、基本的にはお金を稼ぐ為に時間を拘束されることはありません。

【デメリット】

  • 知識や経験が必要
  • 責任が伴う

当然ですが、オーナーとしてビジネスの権限を持つには、その為の基盤を自分で構築していかなければいけません。

ビジネスが成り立たなくなればお金が入って来なくなるだけでなく、雇っている従業員達も生活できなくなってしまいます。

オーナーという立場は多くの責任が伴うので、その覚悟とビジネスを成功させる為の知識や経験が必要になります。

投資家(Investor)

投資家は株や不動産などに投資をして権利収入を得ている人です。

投資は企業やモノなど今後価値が上がりそうだと思うものに出資することで、将来的に利益を得る方法です。

自分で何かをするというよりは、お金を運用することでお金を増やします。

【メリット】

  • 働かなくても収入を得られる
  • 自分の判断で大きなお金を動かせる

メリットとしてはお金を動かしているだけなので、働く必要がありません。

また、個人投資家であれば自分の責任で大きなお金を動かすこともできます。

【デメリット】

  • 知識や経験が必要
  • リスクも伴う

投資家として長期的に生計を立て、成功するためには知識や経験が必要です。

さらに大きなお金を稼ごうと思うと元手も必要になります。

また、大きな利益を狙おうとすれば当然リスクも大きくなります。

成功の鍵は段階を踏むこと

ここまで4つの稼ぎ方を説明してきましたが、「実際どの稼ぎ方がいいの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

どれが1番いいという答えはありません。自分に合った稼ぎ方をするのが1番です。

とはいえ、働かなくてお金を得られるようになりたいと思う方が多いのが実際のところだと思います。

そのために重要なことは段階を踏むということです。

具体的にはESBIを、労働者→自営業者→ビジネスオーナー→投資家の順番に経験することが成功への道です。

理由は右に行けば行くほど知識やノウハウが必要になるからです。順番に段階を踏んで経験することで、必要なノウハウを貯めることができます。

【まとめ】稼ぎ方を知って成功を掴もう!

この記事の内容をまとめます。

お金の稼ぎ方には4種類あり、その頭文字を取ったものがESBIです。

  1. 労働者(Employee)
  2. 自営業者(Self Employee)
  3. ビジネスオーナー(Business owner)
  4. 投資家(Investor)

権利収入でお金を増やしていきたいという人は、上から順番に経験していくことが成功への近道です。

一気にではなく、計画的に進んでいくことを目指しましょう。

また、投資に関しては現代社会では稼ぐ手段の1つとして、誰もが持つべきものです。

いきなり投資だけで生活できるようになるのは難しいかも知れませんが、投資を試してみるということは成功への一歩に繋がるのではないかと思います。

平均評価
評価人数:4
自分の評価

この記事を書いた人

スマキャン編集チーム

スマキャン編集チーム